中央区勝どきで腰痛・肩こりをアクティベータ・メソッドで改善!国際基準のカイロプラクティック治療院 銀座 東京 丸の内 汐どめ 新橋 豊洲 築地 月島 門前仲町3km圏内 アクチベータ

勝どきカイロプラクティック オフィス
03-5534-8480
振動刺激で慢性的な腰痛・肩こり・膝の痛みを改善
中央区勝どきの国際基準カイロプラクティック治療院アクティベータ・メソッド腰痛/肩こり/膝の痛み背中の痛み/股関節の痛み/ぎっくり腰/頭痛を改善。門前仲町/月島/銀座/丸の内/汐どめ/豊洲/築地/晴海近郊

パソコンHPトップ黒字.png

activator_TOP.jpg

腰痛を改善.jpg

腰痛/肩こり/膝の痛み等でお悩みの方、
いつまでも健康でありつづけたい方、
アクティベータ・メソッドで
“関節の神経機能の改善”
始めてみませんか

健康をサポート.jpg

慢性症状の改善に必要なのは、
筋肉へのマッサージなどではありません。
関節の神経機能を正常化して、
“筋肉を正しい緊張状態に導く”ことが
重要となります。



モバイル_初めての方へ.jpg







グラストン・テクニック.png












勝どきカイロの特徴.jpg

当院は下記の特徴を持つカイロプラクティック専門の治療院です。東京都中央区勝どきで地元の方々に多くご来院頂いております。

見出し1.jpg


日本には多くの「カイロプラクティック」を掲げている施術院があります。それは国内に法整備が整っていないからです。国際的にはWHO(世界保健機関)が策定した4200時間以上に及ぶ基礎医学や専門教育を受け、国際承認された修了者のみがカイロプラクターとして施術を行うことを許されています。日本においては上記の教育を終えた正規のカイロプラクターは限られた人数しかおりません。

見出し2.jpg


アクティベータ・メソッドは、1967年にアメリカで誕生したカイロプラクティックのテクニックの一つで、40年以上にわたり海外で多くの人々の健康ケアに携わってきました。
アクティベータ・メソッドの最大の特徴は病院・接骨院・整体院・マッサージでは行えない、関節の神経系に対してアプローチできることです。

アクティベータ・メソッド説.jpg

詳細はこちら

見出し3.jpg


病院では画像診断等で異常がなければ、痛み止めのお薬や湿布等を処方されて、治療が終了します。しかし、このような治療で腰痛や肩こり、膝の痛みが改善するものでしょうか?逆も然りです。画像診断でヘルニアが存在していれば、または、関節に異常があれば、その所見を「原因」だと特定し、高齢の方には「歳だから仕方がない」という言い方をすることもあります。私は可能な限り、このような治療は受けたくはありません。
どのような状態であれ、筋骨格系の症状であれば現状より症状を軽減する方法は必ずあると信じています。症状改善のためにどこに通うべきかお困りの方、勝どきカイロプラクティック オフィスを選択肢の一つに選んで頂けましたら幸いです。

見出し4.jpg


みなさんは人間の「脳」を、コンピューターのように正確に情報を処理する「完璧な存在」だと考えておりませんか?脳は過去の様々な学習記憶によって、自分では意識できない「悪影響」をカラダに及ぼすことがあります。残念ながら脳は「誤作動」を起こす可能性があるのです。なかなか改善されない肩こり、腰痛、膝の痛み等の慢性症状も「脳の誤作動」が原因かもしれません。

当院ではニューロパターンセラピーを用いて脳と身体の再学習を行い、人間本来の自然治癒力が働きやすい「体内環境作り」のお手伝いをさせて頂いております。病院では診断の際にどうしても「目で見えるもの」が原因特定の基準となってしまいます(X線、MRI等の画像診断)しかし、人間には「情動(怒り、悲しみ、不安、喜びetc)というものが存在し、脳・神経機能に「誤作動」を生じさせることがあります。
そして、自分ではストレスとして感じていないことをカラダはストレスと感じてしまい、カラダの神経的なバランスを乱してしまうことがあります。この「緊張パターン」を「リラックスパターン」に切り替えることも慢性症状の改善には必要となってくるケースがあります。

見出し5_新.jpg


これから来院頂けるかもしれない方に、正直にお伝えしたいことがあります。それは、「長年悩まされている慢性的な肩こりは施術だけでは決して改善できません」これは紛れもない事実なのです。肩こりは「肩が自然と『こって』しまった」ではなく、「自分が肩を『こらせて』しまった」が正しい認識となります。よって、その場しのぎで肩のコリ感を緩和させるのが目的ではなく、肩こりを感じないカラダを目指すならば、どうしてもご自身の生活習慣の見直しや「アクティブ・ケア」が必要となります。その点もアドバイスさせて頂きます。

スポーツ選手において自己が抱える慢性的な症状はトレーニングや実際のプレイにとって大きな足枷となります。特に膝の症状は、外傷で患部を痛めていない限り、「体幹の不安定性」が原因だと考えられます。「体幹が安定した状態でプレーする」この大前提が障害予防となり、パフォーマンスUPを実現します。スポーツ障害に対してはアクティベータ・メソッドによる治療にプラスして、グラストンテクニックを用いた筋膜リリース、キネシオテーピングを用いたコンディション・ケアも行います。


グラストントップ案2_800.jpg

このような症状でお悩みでは.jpg


TOP_anothe黒.png