勝どき アクティベータ整体治療院

 整形外科では改善しない腰痛・膝の痛み・五十肩を改善します

 ◆東京都 中央区 大江戸線勝どき駅 徒歩2分 月島//晴海/豊洲/築地近辺の方々が来院される整体院。

勝どきカイロプラクティック治療院

03-5534-8480 大江戸線勝どき駅徒歩3

病院では改善しない腰や膝の痛み…、ぜひ当院にご来院ください。

病院では改善しない腰や膝の痛み

はじめまして院長の佐藤大輔です

院長の紹介
私も以前は病院に通っていましたが、一度も納得できる治療を受けていません。腰痛では線を撮って説明を少し受けて、湿布をもらって終了。膝痛のときは「関節に異常が無いから暫く様子をみてください」と言われただけでした。何もしてくれないのと途方に暮れたのを覚えています。この仕事に就き感じることですが、私と似た経験をされている方々が非常に多い 勝どきで開業して10年。当院は同じような経験をされた方々のよりどころとなる治療院を目指しています。

 
 
正しいアプローチで腰痛や膝の痛みは改善できます
 
たくさんの患者さんの笑顔を
施術の流れはこちらへ
 

当院が選ばれる理由について
改善が期待できる症状について
なぜ病院では改善しないのか?
腰や膝が痛くなる原因について

 

はじめまして院長の佐藤大輔です

院長の紹介
私も以前は病院に通っていましたが、一度も納得できる治療を受けていません。腰痛では線を撮って説明を少し受けて、湿布をもらって終了。膝痛のときは「関節に異常が無いから暫く様子をみてください」と言われただけでした。何もしてくれないのと途方に暮れたのを覚えています。この仕事に就き感じることですが、私と似た経験をされている方々が非常に多い 勝どきで開業して10当院は同じような経験をされた方々のよりどころとなる治療院を目指しています。

 
 
正しいアプローチで腰痛や膝の痛みは改善できます
 
たくさんの患者さんの笑顔を
施術の流れはこちらへ
 

当院が選ばれる理由について
改善が期待できる症状について
なぜ病院では改善しないのか?
腰や膝が痛くなる原因について

 
スペイサー

みなさまに当院が選ばれる理由について

みなさまに当院が選ばれる理由

勝どきカイロプラクティック来院者は病院では治らなかった患者さん達です
 
選ばれるその理由は
独自のアプローチ方法説明

 
身体のバランスを整えることに特化した施術を行います。
全身のバランスが整えば患部の負担が解消され、
肩こり・腰痛・膝痛などが一緒に改善されます。
1回の施術効果が高く、とても効率的です!
 

バランス調整図
 
当院では3つのアプローチで法全身調整を行います。

神経調整図

脊柱調整図

エネルギー調整図

 
最初にエネルギー療法を行い氣の巡りを整えます。
その後、専用器具で関節に振動刺激を与えて神経系を調整。
最後に背骨がしなやかに動けるように調整致します。
施術時間は30分程度です。

関節に振動を与えるアクティベータ治療
スポーツの現場でも活躍しています。
陸上のウサイン ボルト選手も競技前に使用されました。

アクティベータ治療とウサインボルト選手
 

肩の痛み、腕の痛み、肘の痛み、手首の痛み等の症状も体幹のバランスを
整えることで改善が見込めます。テーピング調整も施せます。
 

勝どきカイロプラクティック来院者は病院では治らなかった患者さん達です
 
選ばれるその理由は
独自のアプローチ方法説明

 
身体のバランスを整えることに特化した施術を行います。全身のバランスが整えば患部の負担が解消され、肩こり・腰痛・膝痛などが一緒に改善されます。
1回の施術効果が高く、とても効率的です!
 

バランス調整図
 
勝どきカイロプラクティック3つのアプローチ
 
最初にエネルギー療法で氣の巡りを整え、専用器具で関節に振動刺激を与えて神経系を調整し、最後に背骨がしなやかに動けるように調整致します。施術時間は30分程度です。
関節に振動を与えるアクティベータ治療スポーツの現場でも活躍しています。陸上のウサイン ボルト選手も競技前に使用されました。
アクティベータ治療とウサインボルト選手

肩の痛み、腕の痛み、肘の痛み、手首の痛み等の症状も体幹のバランスを整えることで改善が見込めます。テーピング調整も施せます。
 

スペイサー

当院で改善できるお悩みの症状について

当院で改善できるお悩みの症状

肩こり症状

首や肩まわりの症状

腕もシビレ始めた
仕事に集中できない
頚椎ヘルニアと診断された
四十・五十肩と診断された
ひどい頭痛も出てきた
背中・肩甲骨も痛み始めた

腰痛症状

腰やお尻まわりの症状

ヘルニアと診断された
起床時が一番痛い
痛み止め薬が効かない
お尻・下肢も痛み始めた
マッサージでは改善しない
脊柱管狭窄症と診断された
 
膝の症状

膝まわりの症状

お座敷に座れない
湿布で改善できない
膝の水を抜くのが怖い
痛みで歩くことができない
治療は手術のみと診断
階段を降りるのが怖い

ギックリ腰症状

急性の腰痛症状

怖くて歩けない
痛みで起き上がれない
寝ることもままならない
椅子から立ち上がれない
くしゃみが怖い
何回も繰り返す
 

画像クリックで詳細ページへ移動

肩こり症状
腰痛症状
膝痛
ギックリ腰治療例
スペイサー

なぜ病院に通っても腰痛や膝痛が治らないのか?

病院に通っても腰痛は治らない?

スペース

病院でこのような説明を受けた経験がありませんか?


腰痛の原因は腰のヘルニアで神経を圧迫して痛む
腕の痛み首のヘルニアが原因で神経を圧迫してる
膝の痛みは膝の使い過ぎで軟骨がすり減って痛む
腰痛は腰の骨がズレていのが原因
◆腰痛を治すために、家の中で安静にしている
線で異常がないのでこれ以上 治療できない…etc
 

NO
実は…
どれも正しい説明ではありません

病院でお悩みの症状が改善しない理由は...

間違った説明を受けている可能性
 詳細を知りたい方はこちらへ

 

患者教育
病院では画像診断で異常がなければ、
痛み止め薬や湿布を処方されておしまい。
これで症状が改善するのでしょうか?
薬や湿布、ヒアルロン酸注射などでは
慢性症状は改善しません!
 
NO
高齢者には「歳だから仕方がない」という
言い方をすることもあります…
ひどいですよね…

 

 

 
腰痛の原因は腰のヘルニアで神経を圧迫
腕の痛み首のヘルニアが原因で神経を圧迫
膝痛使い過ぎで軟骨がすり減って痛む
腰痛は腰の骨がズレていのが原因
◆腰痛を治すために、家の中で安静にしている
線で異常がないのでこれ以上 治療できない…etc

患者教育

よく耳にする医者の説明ですが…。

 

実は…
どれも正しい説明ではありません!

NO

膝痛等が改善しない理由は...

間違った説明を受けている可能性
 詳細を知りたい方はこちらへ

 
病院では画像診断で異常がなければ、痛み止め薬や湿布を処方されておしまい。これで症状が改善するのでしょうか?薬や湿布、ヒアルロン酸注射などでは慢性症状は改善しません!
 

NO
高齢者には「歳だから仕方がない」という言い方をすることもあります。 ひどいですよね…

 

 

スペイサー

身体の不調は神経バランスの乱れが原因

腰痛の原因は神経バランスの乱れ

 
簡単に言うと、自分の 筋肉
うまくコントロールできていない から
カラダが「揺れて」いるのです。よく揺れる電車では
ふんばる のに たくさんの力 を使いますよね。

その がんばり 過ぎているところに痛み(症状)
発生しているのです。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄は痛みの原因に
なりません。つまり神経症状ではないのです。

がんばり過ぎている筋肉が痛む
と考えてください。
そして「がんばる」筋肉には個人差があります。

腰でがんばる人は腰痛になりやすいタイプ。
もちろん複合タイプもあります。

腰を痛めるときは常に右側 という人は
右の腰の筋肉を使ってカラダのバランスをとる
「癖」があるということです。

この「癖」は今までの人生で身についたものなので、
なかなか自分で気がつくことができず、
また修正も難しいのです。
 

 
 
バランス

 
 
 
バランス
 
痛むところに症状の原因はありません
 
ですから定期的なメンテナンスが必要なのです。
先生図

良好なバランスはとても重要です。
詳細はこちらをご覧ください。

 

 簡単に言うと、自分の 筋肉うまくコントロールできていないからカラダが「揺れて」いるのです。よく揺れる電車ではふんばる のにたくさんの力を使いますよね。そのがんばり過ぎているところに痛み(症状)発生しているのです。

バランス
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄は痛みの原因になりません。つまり神経症状ではないのです。がんばり過ぎている筋肉が痛むと考えてください。そして「がんばる」筋肉には個人差があります。
腰でがんばる人は腰痛になりやすいタイプ。
もちろん複合タイプもあります。
バランス

腰を痛めるときは常に右側 という人は右の腰の筋肉を使ってカラダのバランスをとる「癖」があるということです。
この「癖」は今までの人生で身についたものなので、なかなか自分で気がつくことができず、また修正も難しいのです。
 

痛いところに原因は無い

 
だから、
定期的なメンテナンスが必要なのです

先生図

良好なバランスはとても重要です。
詳細はこちらを。
 

正しい知識で症状と向き合うことが大事です!

正しい知識で症状と向き合う

例えば、いつもよりハードな運動をしたり、久しぶりに登山やスキーを楽しんだ翌日から筋肉痛が生じることがありますよね。でも「暫くしたら治る」という経験則から、あまり心配しないと思います。これと同じでカラダに痛みや不快症状が出た時に正しい知識があれば、必要以上に心配することもなく、症状の進行をご自身で回避でき、施術を受けるべきタイミングがわかります。 


慢性腰痛でお悩みの方
腕が上がりにくい方
膝の痛みが改善しない方
ヘルニアと診断された腰痛
片足立ちで靴下をはけない


スペイサー

慢性的な腰痛でお悩みの方々

 腰が痛いので家でゴロゴロを続けていませんか?

腰痛はストレスが関与。安静は有効ではありません。
早期の改善には普段と同じ生活をすることが重要です!

慢性腰痛
日本整形外科学会と日本腰痛学会は 2012年末に腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が全体の
85 %を占めるとの診療ガイドラインをまとめました。
職場での人間関係や仕事量の多さ、不満などの 心理社会的要因が関与している強い証拠があると指摘。そして、 腰痛の改善にはストレスを軽減するためにものの考え方を変える 認知行動療法などが有効であり、安静は必ずしも有効ではない。できる だけ普段の動きを維持した方が早い改善につながると結論づけました。 ヘルニア等の診断名を付けられた腰痛でお悩みの方はご自身の腰痛に対する 考え方を変化させる必要もあります。「認識を変換する」という作業も 治療には欠かせないものなのです。

慢性的な腰痛でお悩みの方々

腰が痛いので家でゴロゴロを続けていませんか?
安静は有効ではありません!
早期の改善には普段と同じ生活をすることが重要!
慢性腰痛

日本整形外科学会と日本腰痛学会は2012年末に腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が全体の85を占めるとの診療ガイドラインをまとめました。職場での人間関係や仕事量の多さ、不満などの 心理社会的要因が関与している強い証拠があると指摘。そして、 腰痛の改善にはストレスを軽減するためにものの考え方を変える認知行動療法などが有効であり、安静は必ずしも有効ではない。できるだけ普段の動きを維持した方が早い改善につながると結論づけました。 ヘルニア等の診断名を付けられた腰痛でお悩みの方はご自身の腰痛に対する考え方を変化させる必要もあります。「認識を変換する」という作業も治療には欠かせないものなのです。

スペイサー

腕が上がりにくい状態をそのままにしていませんか?

腕を上げることに困難を感じたら危険ですよ!
五十肩の改善には長期間の施術が必要となります。

 

五十肩
最近「腕が上がりにくい」と感じるようになった場合、早急になんらかの治療を受けることをお勧め致します。肩を動かすことに困難を感じ、そのまま動かさずにいると「廃用性の萎縮」といって筋肉が短縮し、可動域が著しく低下します。
週間動かさずに固定していると20%の筋機能低下が生じ、8週間の 固定では、日常生活負荷レベルで元の状態に戻るには1年はかかると いわれてます。そして症状が進行すると、元の状態に戻るのに時間が 必要となり、また、頻繁に施術を受けざるを得なくなり、 治療費という経済的な損失が発生してしまいます。よって、 五十肩かな?と感じたら、早急に対処するよう心掛けてみてください

腕が上がりにくい状態を放置?

腕を上げることに困難を感じたら危険!
五十肩の改善には長期間の施術が必要です。

五十肩

最近「腕が上がりにくい」と感じるようになった場合、早急になんらかの治療を受けることをお勧め致します。肩を動かすことに困難を感じ、そのまま動かさずにいると「廃用性の萎縮」といって筋肉が短縮し、可動域が著しく低下します。週間動かさずに固定していると20%の筋機能低下が生じ、8週間の 固定では、日常生活負荷レベルで元の状態に戻るには1年はかかると いわれてます。そして症状が進行すると、元の状態に戻るのに時間が 必要となり、また、頻繁に施術を受けざるを得なくなり、 治療費という経済的な損失が発生してしまいます。よって、 五十肩かな?と感じたら、早急に対処するよう心掛けてみてください

スペイサー

通院しても膝の痛みが改善しない…

病院で膝の痛みが改善できない理由があります。
膝の痛みの改善には身体全体を整えることが必要です。

 

膝の痛み治療
膝痛の改善には骨盤、股関節、背骨の関節機能を整える必要があります。通院しても膝痛が改善しないのは当然。なぜならば医者はあなたの身体全体を診ることができないからです。また、線検査で関節の変性を告げられ
「膝の使い過ぎが原因ですね」と言われたのでなるべく膝を使わないようにしている。このような方が多いのではないでしょうか。しかし、その膝の痛みは「使い過ぎたから」ではなく「使っていないから」生じたのものです。当院では医者と違う視点であなたの膝の症状に向き合います。痛み止めの薬やヒアルロン酸の注射の治療は痛みをごまかしているだけにすぎません。そのまま継続していても膝の症状は悪化してしまいます。

通院しても膝痛が改善しない…

病院で膝の痛みが改善できない理由があります。
膝の痛みの改善には身体全体を整えることが必要です。

膝の痛み治療

膝痛の改善には骨盤、股関節、背骨の関節機能を整える必要があります。通院しても膝痛が改善しないのは当然。なぜならば医者はあなたの身体全体を診ることができないからです。また、線検査で関節の変性を告げられ
「膝の使い過ぎが原因ですね」と言われたのでなるべく膝を使わないようにしている。このような方が多いのではないでしょうか。しかし、その膝の痛みは「使い過ぎたから」ではなく「使っていないから」生じたのものです。当院では医者と違う視点であなたの膝の症状に向き合います。痛み止めの薬やヒアルロン酸の注射の治療は痛みをごまかしているだけにすぎません。そのまま継続していても膝の症状は悪化してしまいます。

スペイサー

腰痛の原因はヘルニアだと診断されてとても不安…

医者の診断が正しいとは限りません。
あなたの腰痛はヘルニアが原因ではありません。

 

医者が腰痛の原因として頻繁に使用する下記の説明は…
◆椎間板ヘルニアとは髄核が飛び出してしまった状態のことです。
◆脊柱管の狭窄とは脊柱管が狭くなってしまった状態のことです。
◆「椎間板の高さが減少している」という説明も状態に過ぎません。
◆「腰の骨が変形している」という説明も状態に過ぎません。

ヘルニアが腰痛の誤診
これらはカラダの中で生じている「状態」の 説明であって、必ずしもお悩みの腰痛の原因ではありません。当院では椎間板ヘルニアが腰痛の原因と診断されているにも関わらず、大幅に症状が改善されている方がたくさんいらっしゃいます。ヘルニアが本当に原因であれば人間の手で改善させることは至難の業です。椎間板ヘルニアが原因ではなく、カラダの機能不全を疑う必要があります。

ヘルニア診断されとても不安…

医者の診断が正しいとは限りません。
あなたの腰痛はヘルニアが原因ではありません。

 

医者が腰痛の原因として頻繁に使用する下記の説明は…
◆椎間板ヘルニアとは髄核が飛び出してしまった状態のことです。
◆脊柱管の狭窄とは脊柱管が狭くなってしまった状態のことです。
◆「椎間板の高さが減少している」という説明も状態に過ぎません。
◆「腰の骨が変形している」という説明も状態に過ぎません。

ヘルニアが腰痛の誤診

これらはカラダの中で生じている「状態」の 説明であって、必ずしもお悩みの腰痛の原因ではありません。当院では椎間板ヘルニアが腰痛の原因と診断されているにも関わらず、大幅に症状が改善されている方がたくさんいらっしゃいます。ヘルニアが本当に原因であれば人間の手で改善させることは至難の業です。椎間板ヘルニアが原因ではなく、カラダの機能不全を疑う必要があります。

スペイサー

片足立ちで靴下がはけない、15分も歩けない…

 
ロコモティブ・シンドロームをご存じですか?
実は国民病になりつつあります。最低限の動作を
確保できるように心掛けましょう。

 

ロコモティブ・シンドロームとは「運動器の障害」により介護が必要なリスクの高い状態になることです。移動能力の低下をきたし、最終的には歩行や衣服着脱、トイレ等の最低限の日常生活動作が自分で行えなくなり、健康寿命の短縮、寝たきりなどの「介護が必要な状態」になります。下記7つのうち一つでも当てはまればこの症候群の心配があります。

 

 1)片足立ちで靴下がはけない
 2)家の中でつまずいたり滑ったりする
 3)階段を上るのに手すりが必要である
 4)横断歩道を青信号で渡りきれない
 5)15分くらい続けて歩けない
 6)1ℓのジュースパック2個を持ち帰るのが困難
 7)家の中のやや重い仕事(布団の出し入れ等)が困難である

 
勝どきロコモティブシンドローム運動器障害を治す

日常生活を送るための最低限の動作を損なわないためにも、今のうちにしっかりとメンテナンスを受けてお悩みの腰痛や膝の痛みを改善しておきましょう。

片足立ちで靴下がはけない 

ロコモティブ・シンドロームをご存じですか?実は国民病になりつつあります。最低限の動作を確保できるように心掛けましょう。

 

ロコモティブ・シンドロームとは「運動器の障害」により介護が必要なリスクの高い状態になることです。移動能力の低下をきたし、最終的には歩行や衣服着脱、トイレ等の最低限の日常生活動作が自分で行えなくなり、健康寿命の短縮、寝たきりなどの「介護が必要な状態」になります。下記7つのうち一つでも当てはまればこの症候群の心配があります。

 

 1)片足立ちで靴下がはけない
 2)家の中でつまずいたり滑ったりする
 3)階段を上るのに手すりが必要である
 4)横断歩道を青信号で渡りきれない
 5)15分くらい続けて歩けない
 6)1ℓのジュースパック2個を持ち帰るのが困難
 7)家の中のやや重い仕事(布団の出し入れ等)が困難である

 
勝どきロコモティブシンドローム運動器障害を治す

日常生活を送るための最低限の動作を損なわないためにも、今のうちにしっかりとメンテナンスを受けてお悩みの腰痛や膝の痛みを改善しておきましょう。
 

スペイサー

おしらせ

 
予約ページはこちらです
初めての方へ
 
営業日と予約方法
 
良好なバランスはとても重要
 
質問と回答
 
アクティベータ・メソッド
 
グラストン筋膜リリース
 
腰痛でお悩みの方に
 
膝痛でお悩みの方へ
 
肩こりでお悩みの方へ
 
骨盤矯正について

骨盤矯正専用ページへ

 
カイロプラクティックリハビリテーション
 
アンチエイジングについて
 
キネシオテーピングについて