勝どき アクティベータ整体治療院

 整形外科では改善しない腰痛・膝の痛み・五十肩を改善します

 ◆東京都 中央区 大江戸線勝どき駅 徒歩2分 月島//晴海/豊洲/築地近辺の方々が来院される整体院。

勝どきで背骨を矯正して肩こり改善

03-5534-8480 大江戸線勝どき駅徒歩3

背骨の関節矯正、エネルギー調整で
慢性的な肩こりを改善します!


しつこい肩こりはマッサージでは根本改善できません!
肩こり知らずのカラダを手に入れるお手伝いをさせてください。
 
独自のアプローチ方法説明
症例報告はこちら

 背骨の関節矯正、エネルギー調整で
慢性的な肩こりを改善します! 

独自のアプローチ方法説明
症例報告はこちら
スペイサー

施術前に知っておきたい知識

  (来院前にご確認頂けますと幸いです) 
 

コメント
肩甲骨について 
上部胸椎について
関節機能について

スペイサー

肩甲骨の重要性について

肩甲骨の重要性について

 

まず腕の動き について考えてみましょう

 

肩甲骨の重要性について
普段の生活でなにげなく使っている腕、スポーツや演技、ダンス、演奏などで意識して使っている腕。常に我々は腕を動かしています。では、みなさんはカラダのどこからが「腕」だと認識して動かしていますか?左の写真のように肩からさきが腕なのでしょうか?


自由に動く肩甲骨

「肩甲骨」という骨が背中に2つあるのはご存じですか。腕の骨と鎖骨と連結している三角の形をした平べったい骨です。これは心臓や肺などをおさめる肋骨で囲まれた胸郭と、背中の筋肉の間に存在しています。そして下図の矢印の関節(肩鎖関節)一点で体幹と接続しているとてもユニークな骨なのです。
 

肩鎖関節と肩こりの関係

 
また、肩甲骨には多くの筋肉が付着しており、その数16。腕を動かすのに重要な筋肉はほとんど付着しています。どうしてこんなに多くの筋肉が肩甲骨には付着しているのでしょうか?そして、どうしてあんなに弱々しい関節一点で体幹と接続している
のでしょうか?


働きモノの肩甲骨

肩甲骨はとても働きモノなのです。肩甲骨の重要な役割は大きくつです。
①肩周辺を安定させて腕の動きをサポート
 静的サポート
②腕の可動域を最大限引き出す作用
 動的サポート
つまり、腕の動きの「静」と「動」をしっかりサポートするのが肩甲骨の役割です。たくさんの筋肉が付着しているのは、しっかり固定されるべき場面でその役割を果たすため。関節一点でしか体幹と接続していないのは、より大きな動きができるようにするためと考えられます。
 
では、この働きモノの肩甲骨が仕事を怠けてしまうとどうなるか・・・


肩コリ解消には肩甲骨の動きがとっても重要です!

 

肩甲骨と腕は一緒に動いています
肩甲骨は決まったルールに従って、腕と連動しての動きます。
これを「肩甲上腕リズム」と呼びます。一般的にこの動きは我々が自分でコントロールできるものではなく、自動的にその動きをとります。
つまり、このリズムに沿って肩甲骨が動くことが正しい腕の使い方なのです。もし肩甲骨が「動」の仕事を怠けてしまうと、腕そのものを動かしている筋肉に負担が掛かってしまいます。
肩甲骨の機能が少しずつ低下していくと、肩まわりの筋群に少しずつ負担をかけていくことになります。五十肩に発展することもあります。よって肩コリでお悩みの方は肩甲骨の機能を改善してあげることがとっても重要なのです。

健康維持の為にランニングを始めたけれども、走るとなぜか肩が凝る、なんだか腕が重だるくなってしまうという方が結構いらっしゃいます。この場合、もしかしたら肩甲骨がしっかりと動いていない状態で腕を前後に振っているために肩回りに負担が生じてしまっているのかもしれません。


「腕は肩甲骨から」と意識してみましょう

 
ちょっとした意識の違いでカラダの使い方が変わりますよ!
さて、冒頭にありました、「みなさんはカラダのどこからが「腕」だと認識して動かしていますか?」という質問に戻ります。もうおわかりですね。正解は「肩甲骨」からです。肩コリでお悩みの方は、ほんの少しだけでも肩甲骨を意識してみてください。下図のように肩からさきを腕と考えるのではなく、もう少し背骨の近くから腕が生えているイメージです。
腕のはじまりの認識

 
肩コリ、五十肩などの症状の原因は様々な理由が挙げられますが、肩甲骨の可動域はとても重要です。
 
 

 
 

まず、どこからが「腕」か?

 

肩甲骨の重要性について
普段の生活で常に我々は腕を動かしています。ではカラダのどこからが「腕」だと認識して動かしていますか?左の写真のように肩からさきが腕なのでしょうか?


 

自由に動く肩甲骨

肩甲骨は腕の骨と鎖骨と連結している三角形の平べったい骨です。これは心臓をおさめる肋骨で囲まれた胸郭と、背中の筋肉の間に存在しています。そして下図の矢印の関節(肩鎖関節)一点で体幹と接続しているとてもユニークな骨なのです。
 

肩鎖関節と肩こりの関係

 
肩甲骨には16個もの多くの筋肉が付着しています。腕を動かすのに重要な筋肉です。


働きモノの肩甲骨

肩甲骨の重要な役割は大きくつです。
①肩周辺を安定させて腕の動きをサポート
 静的サポート
②腕の可動域を最大限引き出す作用
 動的サポート
つまり、腕の動きの「静」と「動」をしっかりサポートするのが肩甲骨の役割です。たくさんの筋肉が付着しているのは、しっかり固定されるべき場面でその役割を果たすため。関節一点でしか体幹と接続していないのは、より大きな動きができるようにするためと考えられます。
では、この働きモノの肩甲骨が仕事を怠けてしまうとどうなるか・・・


肩コリ解消のカギは肩甲骨!

肩甲骨と腕は一緒に動いています

肩甲骨は決まったルールに従って、腕と連動しての動きます。これを「肩甲上腕リズム」と呼びます。この動きは自分でコントロールできるものではなく、自動的に行われます。
 
つまり、このリズムに沿って肩甲骨が動くことが正しい腕の使い方なのです。もし肩甲骨が「動」の仕事を怠けてしまうと、腕そのものを動かしている筋肉に負担が掛かってしまいます。肩甲骨の機能が少しずつ低下していくと、肩まわりの筋群に少しずつ負担をかけていくことになります。五十肩に発展することもあります。よって肩コリでお悩みの方は肩甲骨の機能を改善してあげることがとっても重要なのです。
 


腕は肩甲骨から意識しましょう

ちょっとした意識の違いでカラダの使い方が変わりますよ!
さて、冒頭にありました「カラダのどこからが「腕」だと認識して動かしていますか?」という質問に戻ります。もうおわかりですね。正解は「肩甲骨」からです。肩コリでお悩みの方は、ほんの少しだけでも肩甲骨を意識してみてください。下図のように肩からさきを腕と考えるのではなく、もう少し背骨の近くから腕が生えているイメージです。
腕のはじまりの認識

 
肩コリ、五十肩などの症状の原因は様々な理由が挙げられますが、肩甲骨の可動域はとても重要です。

辛い肩こりの女性

 

肩コリ改善をがんばると・・・、がんばった分だけ、上半身もスッキリして、
シェイプ・アップ効果も期待できます。そして、肩コリ知らずの健康なカラダも
手に入れることができるのです。
その目標達成の「カギ」、それは肩甲骨です!

デスクワークのお仕事をされている方は、日常生活の大半を机の上で、手首だけを使って
キーボードをたたいているため、肩甲骨を意識的に動かすことが、ほとんどありません。
どうしても肩甲骨の動きが「錆びついて」しまう可能性が現代人は高いのです。
上記でも紹介しましたが、肩甲骨という骨は胸郭と呼ばれる心臓や肺などを
おさめる肋骨で囲まれた鳥かごみたいなものと、背中の筋肉の間に存在しています。
そして下図の矢印の関節(肩鎖関節)一点で体幹と接続しているとてもユニークな骨なのです。
そして、肩甲骨は「背中にある骨」という認識ではなく、
「背中にある腕」と認識する必要があります。肩甲骨のエクササイズは、
普段ダイナミックに使われていない肩甲骨まわりの
筋肉を活動させ、エネルギーを消費させます。
 また、
肩甲骨そのものの動く範囲も大幅に改善されます。
 
肩甲骨の動きが改善されると、ウォーキングの際にカラダの中心部から腕を振ることが可能になり、
その左右への捻じれが背骨を伝わり、骨盤に伝わり、腕の動きと連動してダイナミックに骨盤が
連動します。それにより、脚の踏み出しもスムーズになり、歩幅も大きくなります。
カラダが効率よく動くということは、
効率よくエネルギーを
消費してくれるということになります。
これがシェイプアップと関係してくるのです。
 
さあ、肩コリを解消して「背中美人」始めましょう!
 
03-5534-8480
スペイサー

上部の胸椎の重要性

上部の胸椎の重要性

なんとも言えない不快感

首のつけねが重だるい
「ふぅ…なんだかコリがひどくなってきたような…」
でも「肩コリとは場所がちょっと違う感じで、なんとなくここらへんが重だるい」と首の付け根(背面)を指し示す方が結構いらっしゃいます。
実は私も長時間座っていると同じ症状が出てきます。結構つらいですよね。


問題の筋はなんだろう?

首を起こして前を向いた状態を維持する、もしくは上を向く動きの場合、どんな筋肉が使われるのでしょう。

背骨から首の骨までついている筋肉があります

重要なのは頭の重さです。およそ頭の重さは体重の8%くらいなので成人で5kg 程度。垂直方向への(真下への)支持性はある程度、骨格でカバーできますが、前後方向・横方向への揺らぎにはどうしても筋肉の力が必要となります。 下図の筋肉は首の骨と頭蓋骨に付着し、もう一方の端が背骨に付着している板状筋という筋肉です。

頚板状筋
 
頭板状筋
 

首の始まりは背中から?

 
よく使われる「背骨」という言葉は総称です。
首、背中、腰でそれぞれ
頚椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)という名前がつけられています。一般に「首」と呼ばれるのは7個ある頚椎の部位です。頭・首の動きと連動して、実は胸椎の上3個分も、わずかではありますが動きます。外見上は肩の高さくらいまでが首と呼ばれるところですが、背骨を機能的にみると、10個くらいが頭と首の動きに連動しています。 

胸椎の上3つは首の骨と連動して動きます
上部胸椎重要性
胸椎の一番目から肋骨が加えられます。もし人間に肋骨が存在しなければ、カラダはグニャグニャ動きます。でも心臓とか肺をしっかり保護しなければならないので、ある程度背骨の動きを制限しなければなりません。つまり、上部胸椎は頚椎と一緒に「動きたい」のに、肋骨があるために動きを制限されています。上部の胸椎は制限が加えられている中で一生懸命に動こうと頑張っています。
 

さあ、ここで想像してみましょう。パソコンの前に座っていて、両手を机の上にのせてキーボードをカチカチ叩いています。両手が机の上で固定されている状態、肩甲骨も動かさない状態ですと上部の胸椎は半固定状態になってしまいます。でも、首は入力ミスのチェックなどをするたびに前後に動きます。動くべきところが動かないと、どこかに負担がかかってきます。
 
その負担は頚椎と胸椎の接続部分です。現在50%以上の普及率を占めるスマートフォン。下図のように頭を大きく前に傾けて使用している方がとても多いです。この姿勢も頸胸移行部に大きな負荷をかけてしまいます。
冒頭の症状でお悩みの方は、この部位の機能不全をケアしてあげることがとても重要。

スマホの悪姿勢
 

背骨のS字カーブ
当院では、上記の考え方に背骨のS字カーブの状態も考慮して、腰から背骨の状態を検査していきます。場合によってはもっと下にある、股関節、膝関節、足関節からケアをしていきます。「急がば回れ」ではありませんが、いっけん遠回りに見えても、全身をケアすることが症状改善の一番の近道なのです。

 
 
  

なんとも言えない不快感

首のつけねが重だるい
「ふぅ…なんだかコリがひどくなってきたような…」
でも「肩コリとは場所がちょっと違う感じで、なんとなくここらへんが重だるい」と首の付け根(背面)を指し示す方が結構いらっしゃいます。
実は私も長時間座っていると同じ症状が出てきます。結構つらいですよね。


問題の筋はなんだろう?

首を起こして前を向いた状態を維持する、もしくは上を向く動きの場合、どんな筋肉が使われるのでしょう。

背骨から首の骨までついている筋肉があります
重要なのは頭の重さです。およそ頭の重さは体重の8%くらいなので成人で5kg 程度。垂直方向への(真下への)支持性はある程度、骨格でカバーできますが、前後方向・横方向への揺らぎにはどうしても筋肉の力が必要となります。 下図の筋肉は首の骨と頭蓋骨に付着し、もう一方の端が背骨に付着している板状筋という筋肉です。

頚板状筋
頭板状筋
 

首の始まりは背中から?

 
よく使われる「背骨」という言葉は総称です。
首、背中、腰でそれぞれ頚椎7個、胸椎12個、腰椎5あります。頭・首の動きと連動して、実は胸椎の上3個分もわずかではありますが動きます。外見上は肩の高さくらいまでが首と呼ばれるところですが、背骨を機能的にみると、10個くらいが頭と首の動きに連動しています。 

胸椎の上3つは首の骨と連動して動きます
上部胸椎重要性
パソコンの前に座って両手を机の上にのせてキーボードをカチカチ叩いていると、両手は机の上で固定されている状態です。肩甲骨を動かさない状態ですと上部の胸椎は半固定状態になってしまいます。でも、首は入力ミスのチェックなどをするたびに前後に動きます。動くべきところが動かないと、どこかに負担がかかってきます。

 
その負担は頚椎と胸椎の接続部分です。現在50%以上の普及率を占めるスマートフォン。下図のように頭を大きく前に傾けて使用している方がとても多いです。この姿勢も頸胸移行部に大きな負荷をかけてしまいます。
冒頭の症状でお悩みの方はこの部位のをケアしてあげることがとても重要です。

スマホの悪姿勢
 

背骨のS字カーブ
当院では背骨のS字カーブも考慮して、腰から背骨の状態を検査していきます。場合によってはもっと下にある、股関節、膝関節、足関節からケアをしていきます。「急がば回れ」ではありませんが遠回りに見えても、全身をケアすることが症状改善の一番の近道なのです。

 
 
  

関節の神経機能の重要性について

関節神経機能の重要性

過去に記憶に残るような転び方をしたことがありませんか?

 
 

 

クライアント様の体験談

年程、肩と首のコリ感に悩んでいます。
別に痛みがあるわけではないのですが、
なんとなく重だるく、仕事に集中できません。


よく肩コリについて話を聞きますが、
他の人とは違うような気がします。
ひどい時は睡眠も妨げられますし、
だんだん症状が上にあがってきて
頭も重だるくなることがあります。
目の奥がなんとなく嫌な感じになることも
あります。
 
自分では極力正しい姿勢を意識していますし、
本やTV、ホームページで知ったストレッチや
体操も毎日やっています。
 
マッサージも多い時で週1~2回通って
いましたが、なかなか改善しません。
美容院にいくと必ず「こっていますね」と
言われます。以前なら「そうなのよ~」と
笑って会話していたのですが、
最近は、深刻に考えるようになったせいか、
そんな会話も笑ってできなくなって
しまいました・・・。なんだか呼吸も
浅くなってしまった感じがします。
 
 


肩こりの意外な原因

 
上記のような肩や首が「痛い」わけではないけれども重だるいコリ感が
なかなか消えてくれないというご経験をされている方がたくさんいらっしゃいます。
 
このような症状でお悩みの方、

過去に、今でも鮮明に思い出せるような
交通事故や転倒の経験がありませんか?
(スキーで、交通事故で、はしごから、自転車から、階段etc

 
先のクライアントさんは7年前に交通事故を経験されていました。
 
交通事故や転倒事故の直後は、ムチウチ外傷という形で大きく動かされた部位に痛みが生じます。時間の経過とともに症状は軽減し、いつしかその痛みや症状も消えてしまいます。そしていつもの日常生活に戻ります。
 
しかし、当時の症状はおさまったけれどもカラダの中では・・・
 
このような慢性的な肩や首のコリでお悩みの方で、過去に大きな衝撃をカラダに受けた経験がある場合、各関節の神経機能をチェックしていくと、通常の(事故経験の無い)肩コリを訴えられている方よりも、極端な神経反応を示される方が非常に多く見られます。
 
これは、大きな事故や転倒の際に受けた強い衝撃で関節の神経機能が、

違う状態に置きかえられてしまった推測されます。

関節の「動く」という機能は正常です。しかし関節自身がどれだけ動いたのか、どの方向に動いたのかという位置情報を正しく脳へ送ることができなくなってしまう神経機能の障害が後遺症として残ってしまったのではないかと推測されます。
(目には見えず、自分では感じることができない後遺症)
 
例えば、自分では頭をまわして「右を向いている」つもりでも、神経的な機能障害が生じている関節は「右を向いている」認識してしまい、という余計な成分が加わったことにより、肩まわりの筋群に余計な緊張を強いているのかもしれません。しかし、自分ではその状態に気付くことができないのです。
 

このように、
「自分のカラダの動きそのものを正しく認知できない状態なので、ストレッチや体操を行っても、マッサージを受けても、なかなか症状が改善しない」のではないかと当院では考えています。

関節の神経機能の改善にアクティベーター・メソッド効果的な施術となります。上記のような症状でお悩みの場合、勝どきカイロプラクティック に来院されてみてはいかがでしょうか。
 

03-5534-8480

過去に記憶に残るような転び方をしたことがありませんか?

 
 

クライアント様の体験談

年程、肩と首のコリ感に悩んでいます。
別に痛みがあるわけではないのですが、なんとなく重だるく、仕事に集中できません。

 

よく肩コリについて話を聞きますが、他の人とは違うような気がします。
ひどい時は睡眠も妨げられますし、だんだん症状が上にあがってきて頭も重だるくなることがあります。目の奥がなんとなく嫌な感じになることもあります。

 

自分では極力正しい姿勢を意識していますし、本やTV、ホームページで知ったストレッチや体操も毎日やっています。マッサージも多い時で週1~2回通っていましたが、なかなか改善しません。
美容院にいくと必ず「こっていますね」と言われます。以前なら「そうなのよ~」と笑って会話していたのですが、最近は、深刻に考えるようになったせいか、そんな会話もできなくなりました。なんだか呼吸も浅くなってきた感じです。
 


肩こりの意外な原因

 
上記のような肩や首が「痛い」わけではないけれども重だるいコリ感がなかなか消えてくれないというご経験をされている方がたくさんいらっしゃいます。
 
このような症状でお悩みの方、

過去に、今でも鮮明に思い出せるような
交通事故や転倒の経験がありませんか?
(スキーで、交通事故で、はしごから、自転車から、階段etc

 
先のクライアントさんは7年前に交通事故を経験されていました。
 
交通事故や転倒事故の直後は、ムチウチ外傷という形で大きく動かされた部位に痛みが生じます。時間の経過とともに症状は軽減し、いつしかその痛みや症状も消えてしまいます。そしていつもの日常生活に戻ります。
 
しかし、当時の症状はおさまったけれどもカラダの中では・・・
 
このような慢性的な肩や首のコリでお悩みの方で、過去に大きな衝撃をカラダに受けた経験がある場合、各関節の神経機能をチェックしていくと、通常の(事故経験の無い)肩コリを訴えられている方よりも、極端な神経反応を示される方が非常に多く見られます。
 
これは、大きな事故や転倒の際に受けた強い衝撃で関節の神経機能が、

違う状態に置きかえられてしまった推測されます。

関節の「動く」という機能は正常です。しかし関節自身がどれだけ動いたのか、どの方向に動いたのかという位置情報を正しく脳へ送ることができなくなってしまう神経機能の障害が後遺症として残ってしまったのではないかと推測されます。
(目には見えず、自分では感じることができない後遺症)
 
例えば、自分では頭をまわして「右を向いている」つもりでも、神経的な機能障害が生じている関節は「右を向いている」認識してしまい、という余計な成分が加わったことにより、肩まわりの筋群に余計な緊張を強いているのかもしれません。しかし、自分ではその状態に気付くことができないのです。
 

このように、
「自分のカラダの動きそのものを正しく認知できない状態なので、ストレッチや体操を行っても、マッサージを受けても、なかなか症状が改善しない」のではないかと当院では考えています。

関節の神経機能の改善にアクティベーター・メソッド効果的な施術となります。上記のような症状でお悩みの場合、勝どきカイロプラクティック に来院されてみてはいかがでしょうか。
 

03-5534-8480
初めての方へ
 
営業日と予約方法
 
良好なバランスはとても重要
 
質問と回答
 
アクティベータ・メソッド
 
グラストン筋膜リリース
 
腰痛でお悩みの方に
 
膝痛でお悩みの方へ
 
肩こりでお悩みの方へ
 
骨盤矯正について
 
カイロプラクティックリハビリテーション
 
アンチエイジングについて
 
キネシオテーピングについて